6つの特長

  • HOME
  • 6つの特長

宮西建設の6つの特長

月日を重ねても、住み心地の良い家」であるために。
宮西建設では、調湿性能や高気密高断熱、自然素材にこだわった家づくりをおこなっています。
壁や窓、瓦など6つの特長をご紹介します。

1.機能性の高い漆喰の壁

宮西建設では日本の風土に適した塗り壁材
「エスタコウォール」を、
外壁・内壁のどちらにも
標準仕様として採用しています。

「エスタコウォール」は、
ヨーロッパで採掘された良質な大理石(石灰石)を
主原料とする体に優しい塗り壁材。

一般的な漆喰や珪藻土と比べても吸放湿性能、
放蓄熱性能、耐久性能、自浄作用などに
優れていると言われています。

「エスタコウォール」を使用した外壁には、
真夏の日差しを反射させ、表面温度の上昇を
抑えるという効果があります。

室内に侵入してくる熱が少ないので、
夏の暑さを和らげてくれるほか、
光熱費の削減に繋がるという嬉しいメリットも。

また、年月を経るにしたがって徐々に硬化、
石化していくという性質があるため、
壁の耐久度は時間と共に増していきます。

空気中の汚れを吸着しづらい素材なので、
黒ずんだり変色したりすることが少ないのも魅力。

自己浄化作用が働いて
壁自身が汚れを目立ちにくくしてくれるほか、
付着してしまった藻や雨すじは
専用の洗浄剤を吹きかけて落とすことも可能です。

※屋根のデザインによっては、他の塗り壁材を使用する場合もあります。



2.快適な湿度や温度の室内に

室内の壁には、
内壁用の「エスタコウォール」を使用します。
特長は吸放湿性や放蓄熱性が優れていること。
小さな穴が沢山開いたような多孔質構造のため、
家が建ってからも壁面が呼吸し続けます。

湿度が高いときには湿気を吸収し、
乾燥しているときには湿気を放出。

また、真夏で温度が高いときは熱を放熱し、
真冬の温度が低いときには蓄熱するという
働きがあるため、
室内は快適な湿度や温度が保たれた状態に。

高温多湿な日本の風土にとても適した自然素材の壁が、
暮らしの心地良さを各段にアップさせてくれます。



3.自然素材由来の断熱材

断熱材の役割は、住宅の温度変化を
出来るだけ小さくすること。

どんなに見た目が立派な家でも、
断熱がしっかりしていないと
快適な暮らしをおくることはできません。

宮西建設では、断熱材にアメリカの古紙を
再利用してつくられた自然素材由来の
「アップルゲートセルロース断熱」を採用。

「燃えにくい」「防虫・防カビ効果がある」
「防音性が高い」といった特長を持つ
人にも環境にも優しい断熱材です。

木が呼吸するように湿気を吸収、
放出させるので室内は心地よく、
また、結露を防いで、
虫やカビから家の土台や柱を守ってくれるので、
大切な家を長持ちさせるという効果もあります。

アップルゲートのセルロースファイバー断熱材を
使った木造建物は「省令準耐火」扱いになるので、
保険会社によっては火災保険料が
安くなるというメリットもあります。



4.暮らし心地につながる窓

家のデザインだけでなく、
断熱性能にも大きく差が出る窓選び。

標準仕様の窓には、
日本の風土に合わせて独自開発された
高品質で高性能な窓サッシ「モンタージュ」を
採用しています。

「モンタージュ」は熱伝導率が
アルミの1/1000以下の樹脂製フレームに
複層(2枚)ガラスを組み込んだ
⾼い断熱・遮熱性能を持つ窓です。

アルミサッシに⽐べ約4倍の断熱性があり
「夏は涼しく、冬は暖か」な家に。
冷暖房費の節約にもつながります。

また、ガラスとガラスの間に
断熱性能を⾼めるアルゴンガスが充填された、
「モンタージュ」独自のLow-Eペアガラスは、
美容や健康に有害な紫外線の
室内への侵⼊を軽減させ、
家具やカーペット等の⾊あせ・
劣化防⽌にも⼤きな効果を発揮。

外部からの騒⾳を抑え、
室内の⾳を外に漏れにくくする「遮音性」や、
ガラス割りによる外部からの侵入を防ぐ
「防犯性」にも優れています。



5.熱交換型換気システムで24時間快適に

室内の空気をきれいに保つため、
第1種熱交換型の換気システム「sumika」を採用。

外気の取り込み口には高性能フィルターが付いており、
花粉は99.8%、PM2.5の粒子は95%以上を除去。

浄化されたきれいな状態で、
外の空気が室内に入ってくる仕組みになっています。

また「sumika」の大きな特長の一つは、
壁面ではなく床面にある排気口から
空気を外に排出すること。

空中に舞い上がった
ハウスダストなどの有害物質は、
赤ちゃんの生活ゾーンである床上30cmに
滞留していると言われています。

「sumika」では床面から廃棄することで、
ハウスダストや有害物質を効率的に家の外へ。
また、床面に排気口があることで、
面倒なお手入れも楽に行うことできるようになりました。

また、一般的な換気システムの場合、
夏は暑い空気、冬は冷たい空気が室内に取り込まれます。

「sumika」は室内の「暖かさ」や「冷たさ」を
再利用する熱交換システムで、
屋外から取り入れた空気をできるかぎり
室内環境に近い温度や湿度に近づけてから室内に。

温度差の大きな外気がそのまま入ってこないので、
快適さと省エネの両方を叶える換気方法なのです。



6.軽量瓦で家族を守る

家の屋根に使用しているのは、
富士スレートの軽量瓦。

ガルバリウムなどの屋根材と比べ
断熱性能が優れていて、
暑さ寒さから住む人を守ってくれる屋根材です。

メンテナンスが要らないのも軽量瓦の大きなメリット。
長く暮らしていく家なので、
メンテナンスのしやすさは大切なポイントです。

軽量瓦を使って屋根を軽くすることには、
ほかにも大きなメリットが。

屋根全体の重さが軽くなることで、
地震の際、屋根の重みで家が潰れる可能性を
減らすことにもつながります。

暮らし心地と家族の安全のために、
宮西建設では軽量瓦を選んでいます。

お問い合わせCONTACT

ご不明な点などがございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

TEL0930-33-5527
※営業電話はお控えください。
FAX 0930-33-5531

営業時間
■ 8:00~17:00
■日曜日 要予約
定休日
GW・お盆・年末年始

お問い合わせフォーム